介護事業におけるIT活用を支援/推進する情報サイト

お問い合わせ 電話:03-3261-8981 E-mail:info@careit.jp
【お問い合わせ】電話:03-3261-8981/E-mail:info@careit.jp
介護・IT業界情報ニュース

「ワタミの介護」シリーズ「快適 "ホームスタッフ"」(第9回)

ワタミグループの「介護付有料老人ホーム」
ホームは、ご入居者様の幸せのためだけにある。

ワタミグループは、「外食」「介護」「高齢者向け宅配」「農業」「環境/メンテナンス」「MD」事業を常にあるべき姿を考え、挑戦を続けている企業です。

ワタミの介護は、これまで以上に快適に暮らしたい。最後まで自分らしい暮らしがしたい。そんなご入居者様の思いをかなえるホームを目指しています。
9回目は、当社のホームスタッフをご紹介いたします。

"すべてのご入居者様に対して、強い関心を持ち
  感謝と尊敬をこめてお世話をさせていただいていること"


ワタミの介護の一番の特長。それはスタッフの「思い」です。
私たちは効率や利益よりもどれだけ「ありがとうを集められたか」を大事に考えています。
この思いを共有できる仲間が集まり「どうすればご入居者様に喜んでいただけるか」を日々追求しています。

1.年間250回以上の講座・研修

日々進化する介護技術の研修はもちろん、ワタミの介護の思いを共有する「理念研修」など、様々な講座・研修を開催し、接遇マナーをはじめスタッフの技術力・人間性の向上に努めています。

ご入居者様の安全・安心のために、介護技術の向上を目的とした研修を行っています。 パート社員を含む全社員に理念研修を行い、ワタミの介護の思いを共有しています。 介護の基本技術だけでなく、接遇マナーにも力を入れています。

2.コンテストや発表会の開催

ワタミの介護では、スタッフの努力の成果を発表する場を用意しています。たとえば「納涼祭コンテスト」では各ホームで実施した企画を披露し合い、「事例発表会」では4大ゼロなどの取り組み成果を発表。こうした機会を設けることで、全ホームのレベルアップとスタッフのやる気の向上につなげています。

3.従業員アンケート

ワタミの介護では、働くスタッフに対して「あなたの働くホームは、あなたの親を入居させたいホームになっていますか?」という内容のアンケートを毎月行っています。これをスタッフからの会社に対する「通信簿」と受け止め、すべてのホームが「親を入居させたいホーム」になるよう、会社全体で努力を続けています。

社員インタビュー

レストヴィラ越谷
ケアスタッフ 小股 美穂(2008年入社)

生きる上で大切なことを学びながら、
未来の夢につなげられる場所

■ケアスタッフとして大切なこと
私はレストヴィラ越谷で、ケアスタッフとしてご入居者様の生活のお世話をしています。通常、業務はワークスケジュールに沿って朝食の準備から食事の介助、歯磨きのお手伝い、お部屋での身の回りのお世話などをしています。この朝から昼食後までが、いろいろ業務が重なり、目が回るほど忙しい時間です。このホームはご入居者様が55名いらっしゃるので、ご入居者様の行動が把握できなかったり、ご要望にお応えできなかったり、ということがないようフロア制で対応しています。私は副主任代行およびフロアリーダーとして2階のご入居者様を担当させていただいていますが、忙しい時間帯ほど他のフロアやスタッフと細かな連携を保っておくことが大切です。私はそのコミュニケーションの橋渡しをするよう心がけているのですが、自分の仕事と重なるのでいつも緊張します。ただ、ご入居者様のお部屋へうかがったときなど、私の顔を見て安心した表情をされると「あぁ、よかった」と嬉しくなりますね。

■本物の「ありがとう」を求めて
私は大学も福祉系ではなく介護のこともよく知りませんでしたが、ワタミ内定後にインターンシップを通じてワタミの介護に触れたとき、「人と気持が通じ合える、この仕事がしたい」という思いを強く持ちました。でも実際にホームで働いてみると、ご入居者様とのコミュニケーションの大切さや業務の細かな気配りなど、いろいろな課題に直面しました。特に日常の業務においては、効率を求めてしまい、ご入居者様のご希望に添えないことがあります。ご入居者様はお一人おひとり身体の状態も人生観も違います。私たちは、毎日のふれあいの中でご入居者様がそれぞれ本当に求められているものを理解し、お応えしていくことが必要だと実感しました。
介護の仕事は、ご入居者様から直接「ありがとう」と言っていただけることの多い仕事です。でも、最近は「その言葉に慣れてしまってはいけないな」と思うようになりました。

■仕事を通じた、たくさんの出会いに感謝
よく友人から「介護の仕事って大変じゃない?」と聞かれます。確かに毎日、目の前の仕事と格闘してますし、体力的にもキツイなと思うことがありますが、私は全然苦になりません。毎日違う状況が生まれマンネリ化しない、この緊張感が好きですね。それと「私たちは、人の人生や命に直接関わる仕事をしている」という誇りや責任感も、自分の仕事を支えているのだと思います。
ホームでは、人との出会いに感謝しています。私が接しているご入居者様はもちろん、スタッフの人とはケア会議などで、いつも素直な意見をぶつけ合えるし何でも相談に乗ってもらえます。お互いに相手を理解して支え合う環境があるんです。私が目標としていたフロアリーダーに推挙されたときも、「これも出会いなんだ。いま私がここで必要とされるようになったんだ」という素直で前向きな気持を持つことができましたね。

■いま目の前にある体験が、未来の夢につながる
私は大学時代、最初は教育方面に進むことを考えていました。経済的に恵まれない国の子供たちに、もっと教育の機会を広めるような仕事をしたいという思いがあり、いまでもその希望は持っています。私は、ワタミと関わることで「人が生きていく上で大切なことは何か」ということを学びました。この経験こそ、将来の夢につながると信じています。
ワタミの介護では、もう少しケアワーカーという仕事を経験し、できれば数年後に人材開発や育成の仕事に携わって最終的な目標に進めたらいいなと思っています。ワタミの介護は、従来の常識にとらわれない新しい介護のモデルとして注目されています。が、まだ課題も抱えています。「ホームは、ご入居者様の幸せのためだけにある」という理念に、どのように近づけていけるか。介護の現場を知っている人間が、人材を育成することに意味があると思います。だからこそ、いま毎日の現場を一生懸命頑張りたいと思っています。


【TOPICS】

2011年5月1日レストヴィラ志木柳瀬川OPEN予定
    レストヴィラ南町田OPEN予定
2011年4月7日親孝行の気持ちをコトバにのせた「親孝行川柳」を大募集!!

編集後記
ワタミの介護 広報担当の丹野でございます。5月オープン予定の志木柳瀬川・南町田のレセプションを開催し多くのお客様にご来場いただきました。志木柳瀬川はバルコニーから臨む桜並木の景色が絶景ポイント。お客様は「とっても素敵ね」と感動されていらっしゃいました。春の陽気に包まれながらのお散歩はとても気持ちがいいです。ぜひ、遊びにいらしてくださいませ。

ワタミの介護株式会社 営業企画部 丹野 美紀
◎コーポレートサイトはこちら http://www.wataminokaigo.net/
◎ホームに関するサイトはこちら http://home.wataminokaigo.net/
◎お問い合わせ先 TEL03-5735-4165 E-MAIL watami_kaigo_info@watami.net

【会社概要】


社名 ワタミの介護株式会社
□本社所在地
  東京都大田区羽田1丁目1番3号(〒144-0043)
  TEL:03−5735−4165 FAX:03−5735−1741
□設立/平成4年11月11日
□資本金/9,500万円
□従業員数/4,865名(パート含む)
  ※2011年4月1日現在
□事業内容
  介護付有料老人ホーム事業、住宅型有料老人ホーム事業、通所介護(デイサービス)事業、訪問介護(ホームヘルプサービス)事業、訪問看護事業、居宅介護支援事業
□代表取締役社長  清水邦晃

ITベンダ会員募集中