介護事業におけるIT活用を支援/推進する情報サイト

お問い合わせ 電話:03-3261-8981 E-mail:info@careit.jp
【お問い合わせ】電話:03-3261-8981/E-mail:info@careit.jp
介護・IT業界情報ニュース

「ワタミの介護」シリーズ「食事イベント"行事食"」(第3回)

ワタミグループの「介護付有料老人ホーム」
ホームは、ご入居者様の幸せのためだけにある。

ワタミグループは、「外食」「介護」「高齢者向け宅配」「農業」「環境/メンテナンス」「MD」事業を常にあるべき姿を考え、挑戦を続けている企業です。

ワタミの介護は、「一人でも多くの高齢者の方に心からのお世話をさせていただくことにより、お一人おひとりの幸せに関わらせていただくこと」を目指しています。
3回目は各ホームで召し上がっていただく「食事イベント"行事食"」についてご紹介いたします。

楽しみの食事を味わっていただきたい
毎月の特別メニューとして、季節ごとに目でも舌でも楽しめるお食事"行事食"をご用意しております。食をテーマにしたイベントのひとつとして、ご入居者様には大変喜ばれている"行事食"。
食卓を華やかに飾り、ご家族様やお友達をお招きして、鍋やうなぎなどを囲みます。桜の季節には外でお花見弁当、夏には七夕会席など、四季折々の「楽しい食卓」を味わっていただきます。
もちろん日々のお食事でもバラエティに富んだメニューと笑顔あふれる食卓を心がけ、心と身体が日に日に元気になっていかれる力の源になることを目指しています。


節分 料理(一例)

敬老の日 料理(一例)

2010年7月7日
レストヴィラ浜川崎で行われた『七夕イベント』をご紹介します。

7月7日は"七夕"。ワタミの介護では、全ホームのランチにて『松花堂弁当』のご提供をさせていただきした。ランチョンマットやお品書きをご用意し、いつものお食事とはひと味違う行事食。ご入居者様も大変楽しみにされていらっしゃいます。今回は、「レストヴィラ浜川崎」をご紹介します。

「レストヴィラ浜川崎」は、並木の美しい市電通り沿いに佇む福祉の複合施設の2階から4階に入っています。オープンから2年半をむかえ、地元・浜川崎にも馴染みの出てきた家庭的なホームです。

年に一度の七夕に合わせてスタッフが披露する『七夕寸劇』は、少しアレンジされた面白いお話となっており、ご入居者様から「大笑い」をいただきました。

『七夕寸劇』を楽しまれた後は、レストランへ。テーブルには、七夕模様のランチョンマットとお品書きが用意され、ご入居者様がお席にご着席いただいた後、お一人おひとりに運ばれてまいります特撰料理御献立「七夕」のお料理の数々。色とりどりのメニューは、(前菜)蓮根すり流し、冬瓜のゼリー寄せ、海ぶどうサラダ、(焼物)若鶏八幡巻そら豆添え、(揚物)えびしんじょずんだ揚有機野菜焼添(南瓜・ズッキーニ・プチトマト)、(和え物)うざく、(御飯)鯵押寿司梅風味、(お吸物)七夕そうめん、(甘味)水ようかん。

ご入居者様は、「何から食べましょうか」と迷っていらっしゃったり、「せっかくだから少しビールでも」と楽しんでいらっしゃいました。同時に7月生まれのご入居者様5名様を全員でハッピ−バースディを歌いながらお祝いをさせていただきました。それぞれのご入居者様がたくさんの笑顔に包まれ、本当に嬉しそうに過ごされていらっしゃいました。「お腹いっぱい」の声と共に「ごちそうさま」とレストランをあとにされたのでした。

2010年7月26日
レストヴィラ弥生台で行われた『土用の丑の日"鰻"イベント』を
ご紹介します。

7月26日は土用の丑の日・・・といえば「鰻」です。全ホームのご入居者様に炭火の香りを楽しみながら「うな重」を召し上がっていただく日。今回は、「レストヴィラ弥生台」をご紹介します。

「レストヴィラ弥生台」は、昨年の8月にオープンした横浜から15分ほどの四季の彩り豊かな里山望む高台にあります。玄関を入ると、鰻のタレの香ばしいいい香りが漂っていました。

時刻は18時。鰻の香りに誘われて、ご入居者様がレストランに集まっていらっしゃいました。甚平に身を包んだスタッフがうちわをあおぎ「いらっしゃいませ〜」。屋台風に赤いちょうちんに「うなぎ」の文字。炭火を使用した七輪の網の上に、国産奥浜名湖産の鰻がジューッと食欲をそそる音とともに焼かれてまいりました。女性のご入居者様が興味津々、身を乗り出してその様子を見守っていました。その表情は今か今かと楽しみにされており、「いい〜香りね〜、本当に嬉しいわ〜」とおっしゃっておりました。

レストランはほぼ満席。本日のうな重が運ばれてまいりました。ふたを開けるとふっくらとした鰻が炭火の香りとともにご飯にのせられています。お好みで山椒をかけるご入居者様。「いただきます!」「う〜ん、柔らかいね」「美味しいね」との声があちらこちらで飛び交います。

私も4名のご入居者様とご一緒のテーブルに着かせていただきました。「お邪魔いたします。ご一緒させていただいてもよろしいでしょうか?」とお声をかけさせていただきましたところ「どうぞどうぞ〜」と笑顔で迎えてくださいました。「皆様、お味はいかがですか?」と伺うと「美味しいわよ〜」とお重をピカピカにされていらっしゃったご入居者様。

「いつもお食事が美味しいから楽しみ」と、大変嬉しいお言葉をいただきました。ホーム内でのレクリエーションのお話を伺うと「私は参加していますよ。お隣のこの方は編み物が上手でね、私は習っているのよ」と、教えてくださいました。編み物の師匠でいらっしゃるご入居者様は「昔はセーターや帽子などよく編んだものだけど、今は小さいものしか出来ないわね〜大きなものは無理ね〜」 「そうそう肩が凝っちゃうし、目が疲れるものね〜」 「でも、すごく楽しいから」と会話が弾みます。私が「私は編み物はあまりやったことがないので、何でも作れてしまう皆様が羨ましいです」とお話しすると、「昔は女性のほぼ全員が和裁や編み物が出来たわね。女学校の授業でやらされたわ〜」と昔話をしてくださいました。今も昔も変らない女子トークに花が咲く、楽しい時間をご一緒に過ごさせていただきました。

ワタミの介護では、食事やアクティビティなどのイベントを通じて、ご入居者様が日々元気に、健やかにお過ごしいただけるよう、お手伝いをさせていただいております。 これからが本番、秋の味覚「まつたけの日」「駅弁シリーズ/栗ご飯弁当」「ラ・フランス」など四季折々のお食事をご堪能いただきます。


【TOPICS】

11月1日レストヴィラ八千代勝田台OPEN予定
12月1日 レストヴィラ戸田OPEN予定

編集後記
ワタミの介護 広報担当の丹野でございます。急に風が冷たく感じる今日この頃、スポーツの秋、味覚の秋となりました。私は猛暑の中、東京・目黒の有名な「さんま祭」に出掛けました。なんと2時間30分並び炭火焼きさんまを頂きましたが、その美味しさに感動もひとしおでした!!ワタミの介護では、10月後半よりご入居者様に大人気!秋の「寿司キャラバン」がはじまります。各ホームのレストランが本格的な「寿司屋」に大変身。カウンター越しに「板さん、次は鯵」「へい!かしこまりました!」なんて会話が飛び交います。今回は、夏の行事食をご紹介いたしましたが、次回は、「納涼祭」「寿司キャラバン」などをご紹介させていただきたいと思います。ワタミの介護の「食」へのこだわり、ご入居者様への「思い」をお伝えできればと思っております。

ワタミの介護株式会社 経営企画部 丹野 美紀
◎コーポレートサイトはこちら http://www.wataminokaigo.net/
◎ホームに関するサイトはこちら http://home.wataminokaigo.net/
◎お問い合わせ先 TEL03-5735-4165 E-MAIL watami_kaigo_info@watami.net

【会社概要】


社名 ワタミの介護株式会社
□本社所在地
  東京都大田区羽田1丁目1番3号(〒144-0043)
  TEL:03−5735−4165 FAX:03−5735−1741
□設立/平成4年11月11日
□資本金/9,500万円
□従業員数/4,045名(パート含む)
  ※2010年9月現在
□事業内容
  介護付有料老人ホーム事業、住宅型有料 老人ホーム事業、通所介護(デイサービス)事業、訪問介護(ホームヘルプサービス)事業、訪問看護事業、居宅介護支援事業
□代表取締役社長・COO  清水邦晃

ITベンダ会員募集中