介護事業におけるIT活用を支援/推進する情報サイト

お問い合わせ 電話:03-3261-8981 E-mail:info@careit.jp
【お問い合わせ】電話:03-3261-8981/E-mail:info@careit.jp
介護用ITソリューション情報

介護用ITソリューション情報

介護の質とサービスを高める通信システム

REXEインターホンシステム――ナカヨ通信機

全室にインターホンを低コストで導入可能。さらにPHSなどと連動することで、作業中のスタッフにも迅速に連絡することができる。施設の入居者と介護人を結ぶ「コミュニケーションシステム」としての有効性に対する評価は高い。
呼び出しボタンひとつで入居者と介護スタッフをつなぐ


REXEインターホン全体

 「REXEインターホンシステム」は、介護施設等の入居者の個室にインターホンの子機を設置し、入居者がその呼び出しボタンを押すだけで、移動中の介護スタッフやスタッフルーム、備品室などとスムーズに連絡が取れるシステム。

 たとえば入居者が居室から介護スタッフを呼びたい場合、呼び出しボタンを押すと介護スタッフのPHSやデジタルコードレス電話の表示部に部屋番号が表示される。それによってスピーディーに連絡が取れるので安心感が得られる。

 これは居室以外でも同様で、トイレや浴室などに子機を設置しておけば、緊急時には呼び出しボタンを押すだけで介護スタッフに連絡できる。インターホンは、コードの付いた握りボタンも取り付け可能。


握りボタン付きインターホン

 入居者と介護スタッフとの連絡だけでなく、スタッフとスタッフルーム間の事務連絡にもむろん有効だ。とくに夜間の介護スタッフ同士のコミュニケーションという点でメリットは大きく、評価も高い。

少数スタッフによる効率運営が可能に

 REXEインターホンシステムでは、小型・軽量のハンドオーバー機能対応のデジタルコードレス電話やPHSが接続可能。これによって介護スタッフは施設内を移動しながら入居者の呼び出しに双方向電話で対応できる。従って、事務所や職員室を不在にしても連絡が取れ、少数スタッフによる施設運営が実現する。


  PHS     デジタルコードレス

 また、入居者からのインターホン呼び、出しが、スタッフ不在の事務所の電話機にかかった場合でも「マルチコール機能」を使うことによって同一グループの内線を最大4台まで同時に呼び出しが応答ができる。これにより、事務所を不在にしていても入居者に迷惑をかける心配がない。

 さらに、マルチコール対応電話機を最大5グループまで接続可能であり、デジタルコードレスと組み合わせることによって介護業務の効率化が図れる。

 同システムはインターホン子機(呼び出しボタンを含む)が最大96個まで可能な「NYC-REXE Lタイプ電子交換機主装置」と、最大64個まで接続可能な「NYC-REXE Mタイプ電子交換機主装置」の2タイプがある。

オプション機能やシステム連携でさらなる有効活用

オプションとして、ドアの開錠を電話機のボタン操作で行なう電気錠システム、気象庁の「高度利用者向け緊急地震速報」に対応した緊急地震速報受信装置との連動も可能だ。

 たとえばNTTのアナログ/ISDN/ひかり電話、FUSION、OCN、KDDIなどのIP電話サービスを利用することによって、施設外との通話ができる。

 あるいは、ICタグ付きスリッパを活用した見守り介護支援システムと連携させることによって、スリッパを履いた入居者がマット型アンテナ上を通過すると、REXEインターホンシステムによって呼び出し装置(事務用電話、PHSなど)からその情報を通知することもできる。これにより、入居者の状況を見守ることが可能になる。

 ナースコールシステムは医療機器と連携するのでその点は異なるが、それ以外は基本的に同等の機能を持つ。それでいて費用はコストパフォーマンスが高い。高齢者専用賃貸住宅(高専賃)や有料老人ホームをはじめとする介護施設での評価の高さになっている。

介護用ITソリューション情報

記事一覧へ

ITベンダ会員募集中